英検ってどうよ?英語資格の分類

英語ってやっぱり必要だよなぁ。多くの人は中学生から高校生までの
6年間、大学までいくと10年間の英語教育を受けてきた。

と言うのは私の世代での話、現在では小学生から英語教育を
取り入れている。教室にネイティブスピーカーを1人おいて
早い段階から英語に慣れしたせることが必要なのだろう。
英語が日本での第2言語となる日もそう近くはないのかもしれない。


英語ができる、ということを客観的に判断する指標が
英語の検定試験です。現在国内では「英検」・「TOEIC」・「TOEFL」が
三大検定試験と言われています。
「TOEIC」は、英語力を測る試験です。アメリカのETSが
開発したテストで、「TOEIC」は名前に「for international Communication」が入っており、
コミュニケーションの英語力を
測るものです。社会人に人気?必須となりつつあるものが
このスコアです。

「TOEFL」は、北米の大学への留学希望者が主に受ける試験で、
この結果により留学できるかが分かれ道となります。

それに対して、国内の検定である「英検」は英語・日本語間の
通訳の応力及び翻訳能力に対する部分が含まれまてきます。
つまり、英検一級では高い語彙力(ボキャブラリー)が要求されます。
英検の試験対策としては、英検の意義を考慮に入れておかねば
なりません。
英語と日本語における通訳や翻訳の能力が求められるわけですから、
英語だけではなく同時に日本語の勉強も必要となるわけです。

日本語にも対応する必要がある英検は、高校や大学時代に取得する
人も多いわけのは上記のような理由があるからです。


英検の意義と勉強法、試験対策には日本語の基本などを充分に
勉強しておく必要があります。
英検は受けることはいつでもできます。
けれど、日本語への対応も必要となりますので、学生時代など
一番勉強に専念できる早い時期に対応することがよい良い
結果となることは間違いないでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。