英検2級・準2級を取得すると有利です

英検を学生を受験した事がある人はどれくらい
いるんだろうか?
英語とは切っても切れない日本の受験システム、
せっかく英語のカリキュラムは豊富に用意されているんだから
もっと楽しく英語が学べる仕組みが必要ですよね。

中学・高校生なんて先生の授業が楽しいか・つまらないか、で
その強化への取り組みが違って来ますからね。
社会人になって半ば強制的に英語を覚えさせる前に、
英語への苦手意識がなくなるような授業ができる先生が
増えないかなぁ・・・

さて、今回は英検の2級と準2級について説明したいと思います。

先ずは英検の2級と準2級は、2級が高校卒業レベルで
「日常生活や健康に必要な英語を理解し特に口頭で表現できること」
で、
準2級は高校中級レベルで
「日常に必用な簡単な英語を理解することができ、特に口頭で
表現できる」と分類されています。

受験生にとっては準2級以上を取得することによって
高等学校卒業程度認定試験(大検)の
英語科目が免除となる資格となってるので英検準2級は取得
しておきたいところです。

それではどんな英検2級と準2級に合格するためには、どんな
勉強がポイントになるのでしょうか。
ボキャブラリーや文法はもちろん重要ですが、それ以上に
長文を読めるようになる事(ある程度のスピード)と、
リスニングの早さになれることが重要です。


統計から見ると英検の2級と準2級に合格するためには、
この2つを克服(多くの受験生が苦手とする)すると
飛躍的に合格の可能性が上がるようになります。

試験を受けたことがある人なら分かると思いますが、
高校で習う英語の教科書に載っている英文とは
比べようもないくらい難解なのが英検の長文です。
これはもう慣れるしかないので、多くの長文を
読むしかありません。

一つ例を挙げると、「Japan Times」の記事の訳と
暗記及び単語や英語のエッセイの訳と暗記と単語、
仮定法までの文法問題衆の理解、簡単な英語小説の訳と暗記と
単語テストなどを行って実力を高めましょう。

英検2級と準2級は、高校程度の英語レベルとも言われていますが、
この高校生レベルとうのが曖昧です。
英語を通常に学んでいるだけではなかなか合格することは
難しいと思います。

受験生にとって英検の2級と準2級などの級を持っていると、
大学・高校での入学試験や進学に対する優遇措置をとる
学校もあり、その数は年々増えています。
それだけ、文部省を挙げて英語教育に重点を置いている
表れでもあります。

まさにそうですよね、グローバリゼーション(国際化)と
いう言葉を盛んに聞きますが、実際は多くの人が英語に対して
苦手意識を持っています。


話が少しそれましたが、一部では、英検の2級、準2級の
合格者の中に実力のバラツキが見られると指摘する人もいます。
あくまでも試験なので英語の本当の実力が測れるかは
ちょっと疑問ですね。
ただ、英検の2級と準2級は、高校レベル(英検での2級と準2級以下の
級は、中学校や高等学校の学習指導要領を合格の基準にしてる用です。)とされていることもあるので
高校在学中に受験する学生は多いです。結構みんな
テスト好きなのかな?
自分の指標を知りたいのかもしれませんね。

人口減少社会に突入した現在では英検の受験者数はやや
減ってきていますが、全部の級を併せると
250万人程度の人が英検を受けているようです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108787728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。