TOEICは英語でのコミュニケーション能力を測ります

英検が学生の受験のための資格だとしたら
TOEICはビジネスマンにとって極めて必須の
能力といえると思います。

TOEIC(トーイック)とは、
「Test of English for International Communication」の略。

ポイントは「Communication」ですね。
日本語でもコミュニケーション下手の人が多いのに
英語でコミュニケーションとは・・・TOEICは英検に比べて
敷居が高いかもしれません。

TOEICを日本語でいうと
「国際コミュニケーション英語能力テスト」と
なります。
日本のような英語を母国語としない人々が
どのくらい英語でのコミュニケーションを取る事ができるのか、
その能力を測るテストです。

TOEIC受験者のほとんどはは日本人と韓国人だそうです。
ところが、ここ数年はヨーロッパからの受験者も
増えています。

TOEICの結果が英語圏の大学に入学する為の条件だったり、
外資系企業の職に就くために影響を与えることもあります。

外資系企業に限らず、日本でも海外との取引がある会社では
昇進の条件にTOEICスコア○○点以上、というのが
必須になっていたりします。

英検と違ってTOEICでは合格という概念がないことに
気付きましたか?

そうです、TOEICはあくまで英語でのコミュニケーション能力を
測る指針ですので“TOEIC取得者"ではなく、
“TOEIC○○点以上"とい使い方をしています。

TOEICスコアには有効期限はありませんが、
学校や企業で参考にするのははおおむね2〜3年までのスコアを
有効としているようです。

余談ですがTOEICの最高スコア(得点)は990点です。
中途半端ですね(笑)ところがこの最高点も回によって
変動するようです。

TOEICのスコアを活かしたいのなら、
頻繁にTOEICを受けるようにしましょう。
国際化が益々進んでいく事は確実です、、
いつあなたの会社が外国人と一緒に仕事をする事に
なるかは分かりませんが、可能性はあります。

気になるTOEICの試験内容ですが、
TOEICの試験は聞き取りと読解の2つから成り立ちます。

聞き取りはアメリカやイギリスと言った日本人の想像する
英語(米語)だけではなく、なまりがあるカナダや
オーストラリアなどの発音も織り交ぜられます。

これはTOEICが英語を使ってコミュニケーション能力を
測る事が大きく影響しています。

読解は英文を日本語訳にするのではなく、英語の意味を理解して
英語で応える内容となっています。
(穴埋めの選択問題もあります。)
TOEICは2006年にリニューアルされました。
リニューアル後にTOEICの試験を受けた人からは
問題が難しくなった、という声が聞かれています。
タグ:TOEIC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。