国連英検はグローバル化への第一歩

英検と聞くと一般的なこれまでに紹介してきた
英検しか知らない人が多いと思いますが、国連英検という
ものがあるのはご存知でしょうか?
英検の上に国連なんて言葉が付いてくると
敷居が高く感じてしまうかもしれません。

国連英検とは、「国際連合公用語英語検定試験」の事を言います。
この国連英検は、財団法人日本国際連合協会が主催する
英語検定試験です。
様々な国が加盟している国際連合(=国連)で行われれる
総会では6つの公用語が使われています。
その中でも最も使用されることが多い言語はやはり英語、その
英語についてのコミュニケーション能力を検定する
試験となります。

国連英検は受験に有利だとか、就職・昇進に有利となるために
受ける日本の英検とは意味合いが全く違います。
それは国連の理念である
国際理解と国際協力」の普及活動の一環として行われるところに
国連英検の特徴があります。


つまり、国連に対する理解と協力に繋がる英語の検定試験が国連英検
なのです。
国連英検の試験内容は、国際社会でコミュニケーション活動ができる
英語力を目的としているので、その合格者の多くは国内外で幅広く
活躍しています。

また、英語を媒介として政界情勢に着目している点にあります。


国連英検の出題内容について触れておきましょう。これを
見るとちょっと尻込みしてしまうかもしれませんが(笑)
国連の理念を見れば分かると思いますが、政界平和や、地球環境、
人権問題等の幅広い分野から用いられるので英語検定のみの
判定にはとどまりません。

グローバル社会と呼ばれる時代ですが、日本はやはり島国なのか、
今一つグローバル化が進んでいないような状況が続いています。
もっともっと世界に目を向けて国際社会で活躍できる、活躍したいと
思えるような世界に目が向いている人材が育ち難いように
思うのです。
国連英検ではコミュニケーション能力とともに世界的一般常識等も
勉強しなくてはなりません。

国連英検を学ぶ事は世界を学ぶ事でもあるというわけです。


【補足】

そうは言ってももちろん国連英検を取得していると様々な場面で
役立ちます。
大検(大学入試資格検定}においては国連英検C級合格以上を
文部科学省が英語資格として認定しています。
有名大学の推薦入試や編入試験では、国連英検を出願資格として
認めている大学も多数存在しています。
大学の中では、B合格以上を履修単位としているところもあります。


国連英検は、クラスとして一次試験の
特A級・A級・B級、C級、D級、E級のランクに分かれています。
2次試験ではネイティブスピーカーとのインタビューテストを
行うことになります。
タグ:国連英検
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110139174
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。