工業英検で工業界のスペシャリストを目指せ

今回は工業英検と言う耳慣れない英検試験を紹介したいと
思います。


工業英検は、読んで字の如く工業の世界で使用される
工業英語の正しい理解と普及を目的に工業英語に関する
英語の検定試験として行われているわけです。


工業英語を英訳してみると、、
”Technical Writing in English"または
"Technical Communication in English"と訳されます。。
対称は科学技術情報を求める読者に合ったレベルで
正確かつ理解しやすいように伝えることを
目的としています。


工業英語は一般英語と異なり、読み手がいろいろな
解釈をしないようにはっきりと事実を示し
伝えることを目的としています。。

工業英検のクラスですが、1級から4級までに分かれています。
それぞれの簡単のな解説をしていきましょう。

<工業英検1級>
工業英語のエキスパートとしての実務能力を
保有する者として認定されます。工業の世界で
グローバルに活躍したいなら是非とも1級を
目指してみましょう。工業英検1級の試験は、
筆記試験とリスニングテストの2つになります。

<工業英検2級>
実務経験者を標準としているのが工業英検2級です。
工業英語全般の知識を理解している者とされ
全問が記述式の筆記試験のみとなります。


<工業英検3級>
工業英検3級は1・2級とは違って全問がマークシート式の
筆記試験のみで行われます。
だかと言って運よく合格できるほど甘くはありません。
合格レベルに達するには大学専門課程や
工業専門高校上級などの工業英語の応用知識を
有している必要があります。


<工業英検4級>
全問マークシート式の筆記試験のみで行われます。
工業英検の基礎であり工業高校・工業専門学校程度の
工業英語の基礎知識を試すために受験する人が
多いようです。


工業英検は工業英語の知識を客観的に評価する制度で、
文部科学省後援試験となっています。
工業英語は、知識のみでなく契約や広告などにも使われる
専門的な英語で、専門的知識が必要になります。


「英語のことわざ」

”The night is darkest before the down.”

日本語でも有名なことわざですね。
「夜明け前がいちばん暗い」

行き詰ったり、壁にぶつかっている時、
夜明けは目の前なんですよ。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。