英会話に触れるために出かけよう

英語教室と聞くと大人向けの教室というより、
どちらかと言えば子供向けの英語教室を思い浮かべる人が多い
かもしれません。

英語教室は現在、とても人気があり各地で展開されていますね。
「英語教室」と「東京」で検索をかけると、本当にたくさんの
英語教室が検索結果としてヒットされて表示されます。
この結果を見ると英語、ひいては英会話を学ぶ機会は至る所に
存在していることが分かります。


でも、やはり英語教室に通わせたい親は多いようです。幼児向けの
英語教室がこれほどまでに増えている理由としては、小さい頃から
活きた英語に触れさせ、将来どこの国へ行っても通じるスキルを
身につけさたい、という親心だと思います。
少しでも早い時期に英語の環境に触れておけば、それだけ
英語の習得に有利である事は間違いありませんからね。


一方、大人になってからだって英会話を身に付ける為に
英語教室に通うことはプラスに作用します。特に独学で
英会話を身に付けようとしている人は、NHKのラジオ講座を聴いたり、
(書店でテキストを購入して)、オーディオCDで勉強したり
していると思います。


英会話を独学で習得する為には、ランダムに毎日同じ勉強を
繰り返すことが大切です。そこで、録音しておいた放送を一度に
暇な時に聞くというのでは、英会話の上達は難しいと言えます。
毎週同じ時間に英会話の学習をラジオですることこそ、意味があると
言えます。


こうしたNHKラジオで英会話を勉強するのは、英会話を学ぶための
費用を抑える事が出来るので良いと思います。また、ある程度、
英会話が身に付いてくれば、国際交流パーティーに参加するという
方法もあります。
国際交流パーティーに参加することで外国人の知り合いを作ることが
出来るので、英会話の能力も自ずと磨かれていきます。

英語タウン」のパーティーなら、外国の人も日本人と仲良く
なりたいと思って参加しているので、すぐに仲良くなれるでしょう。
パーティーでは、だいたい300人ほどの人が集まるようですから、
物怖じせずに色んな人に声を掛けてみましょう。

英会話上達のコツは失敗を恐れないこと。
あえて言うなら失敗を重ねるほど英会話の習得に近づいて
いきます。
復習です。以前の記事に書いた”大きな"声で話す”そうすることに
よって相手が聞く姿勢を取ってくれるので有効ですよ!

また、LEAFCUPの英会話喫茶に参加するのも、
よい英会話学習法となると思います。
英会話喫茶も検索をかけると多くのサイトがヒットしますね。
英語教室と聞くと敷居が高い気がしますが、英会話喫茶なら
お茶でも飲みながら日常会話のトレーニングができそうな
イメージが湧いてきませんか。


英会話を本気で習得したいのなら、英語学習者にアレンジした
ような教材の英会話ではなく、本物の英会話を何回も聞く必要が
あります。
そうすると、自分が知っている単語でもその会話の中での発音が
違うために聞き取れない事が多々あることでしょう。
その経験が必要なんです。

その時、初めて学生時代の日本の英語教育がいかに酷いもの
だったかを知る事になります。
と、これは余談でした。
一度でも海外に行ったことがある人は、本場の英語というものが
どんなものか分かりますよね。
日本にいてもいくらでもそのような英語に触れる機会はあるので
いろんな所へ足を運ぶことをオススメします。


『エマーソンの名言』 〜アメリカの詩人・思想家〜

”The years teach much which the days never knew”


数日では分からない事でも、数年経てば(時が)教えてくれる。
直ぐに答えを求めようとする現代人には耳の痛い言葉かも
しれませんね。
まぁ、一概には言えませんが、特に自分には向かないと思うと
直ぐに諦めてしまうような飽きっぽい人は、心に留めておいて
ほしい言葉です。

そんな簡単に向き・不向きを判断することは出来ませんからね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114347609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。