村上春樹氏の受賞スピーチ

エルサレム賞という言葉を初めて聞きました。
このエルサレム賞は個人の自由をテーマにした作品に与えられる
賞のようですが、これを受賞した村上春樹氏のスピーチが
話題になっていますね。

特に下記の比喩

"Between a high, solid wall and an egg that breaks against it,
I will always stand on the side of the egg.
Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg,
I will stand with the egg."

「high solid wall」=高い壁、を戦争の武器や権力に、
「egg」=(壊れやすい)卵、を民間人に例えた比喩です。
イスラエルによるガザ進行、そこで失われた罪もない民間人の
命、村上春樹氏は賞を贈るイスラエルへの不満を堂々と
スピーチしました。

とても勇気がいる事だったと思います。でも、それ以上に
村上氏は1人の作家としてこの地からメッセージを発信しました。
「壁が正しく、卵が悪かったとしても、自分は卵の側に
立つだろう。」

支配する者と支配される者、日本でもかつてはそんな時代が
ありました。
でも、江戸幕府を倒して新しい時代を切り開く原動力と
なった坂本龍馬や西郷隆盛、木戸孝允(桂小五郎)などを
突き動かしたのは、名もない民衆達だったのではないでしょうか。


高くて硬い壁に立ち向かう卵、このメッセージは世界中の
多くの人の心に響いたと思います。

タグ:村上春樹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。