ビジネス英語って難しいの?

こんにちは。

週半ばの祝日(=昭和の日)、いかがお過ごしでしょうか?
長い事4月29日は「緑の日」だったから、なんとなく昭和の日だと
違和感を感じますが、昭和天皇の誕生日なんですよね。

GWがスタートしましたが気温の差が激しいですね、昨日は
季節が逆戻りしたかのように冷たい風が吹いていました。
でも、週間予報を見ると今後は暖かい(汗ばむ陽気)が続くようです。

新年度が明けて新しい生活にもすっかり慣れてきたのでは
ないでしょうか?

前回は新社会人が取得したい資格として英語が1位になった事を
書きましたが、実際のところビジネス英語で難しいんでしょうか?
日常英会話とビジネス英語は別ものなのか、今回はビジネス英語
について書きたいと思います。


ビジネス英語というのは普段の日常で使う英会話とは少し
違っています。
日本語でも同じですよね、企業に入れば顧客やお客様に対して
友達と話すような会話は出来ません。
そこには敬語などビジネス上の会話が存在しますから。

ビジネス英語だってそれは同じ、英語圏の人がフレンドリーだとは
言っても、ビジネスの現場ではそれなりのルールのようなものが
存在します。
よって、日常英会話に比べると高度である事がが多いと
言われています。

しかしこれからの日本人は、外資系企業で働いている人のみならず、
ビジネス英語を身に付けなければ社会に出た時に苦労する
かもしれません。


英会話スクールなどでも、日常会話を教えるコースだけでなく、
ビジネス英語コースなども用意されています。
ビジネスマン(ビジネスウーマン)にとってビジネス英語は
今や身につけて置くべき事の一つとなっいて、その事をヒシヒシと
感じている人も多いのではないでしょうか。


例えばビジネス英語にはメールのやり取りもありますし、電話での
ビジネスもありますよね。
日常会話とは違った挨拶もビジネス英語に含まれます。

ビジネス英語を学ぶのなら、先ずはビジネス英語の単語を
覚える事がとても大切なことではないでしょうか。


ビジネス英語を勉強するのなら、ビジネスシーンを想像して、
どんなビジネス英語が出てくるのかということを例文集などを
見ながら勉強するのが良いかもしれません。

ビジネス英語文例などが色々と掲載されている本も
販売されていますし、ビジネス英語のサンプルなども掲載されて
いるのでとても役に立つのではないでしょうか。


今や電話も必須ですが、ビジネス英語でeメールを送るという事も
必須になってきています。
ビジネスにおいてe-mailで相手とスムーズにやり取りができれば、
それだけビジネスの幅は広がりますし、チャンスも増えてくるのでは
ないでしょうか。

その為にはビジネス英語の書き方を身につけて置く必要があります。


ビジネス英語は職種によっても違っていますから、自分に合った
ビジネス英語を身に付ける必要があるでしょう。
残念ながらビジネスの現場ではビジネス英語が話せないと、たとえ
普段の日常会話が話せたとしても仕事にはあまり役に立ちません。

グローバルな会社で働きたい、あるいは世界を相手にビジネスを
してみたいと思っている人の場合には、ビジネス英語を身に付けて
おくという事はとても大切な事です。

ビジネスマンとしてビジネス英語が話せるか話せないかで、
昇給や昇進にも変わってくる会社も存在します。
グローバルな会社で活躍したいと思っている人は、ビジネス英語を
是非とも身に付けたいものですね。


エルバート・ハバードの名言』(米国/教育者・作家)

”Be pleasant until ten o'clock in the morning and
the rest of the day will take care of itself.”

一日の中で最も憂鬱なのは朝起きてから10時頃まででは
ないでしょうか。
学校へ行きたくない、会社へ行くのが億劫だ、なんてね。

だからこそその時間を気分良くいられれば、その日一日は
何とか過ごせてしまうものである。


逆を言えば、朝の時間を大切にせよというメッセージが
込められているわけです。
さすがは教育者ですね!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118285462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。