英語教育について考えてみよう

英語教育に力を入れなければいけなくなっています。
これまでは中学生になってからスタートさせていた英語の学習を
小学生からスタートさせるようになりました。

小学校での英語教育をスタートさせるにあたっては様々な方面から
賛否両論の意見があったと思います。
バイリンガルになるには早いうちからの英語の勉強をスタートさせる
事が一番だとされていますが、その一方で今の日本の小学生の
言葉づかいは酷く荒れていて、このまま大人になるのは心配だ、
日本語すらろくに話せないような子供たちが英語教育を受ける
ことに意味があるのだろうか?という考え方もあり、小学校からの
英語教育のスタートには様々な意見がありました。


日本の英語教育は他の国に比べると根本的に何が違っているの
でしょうか。
母国語に英語を話さない国は日本以外にも世界中
たくさんありますが、どこの国の人もこれだけ英語教育に
力を入れている日本人より流暢な英語を話します。


日本と同じように母国語ではない英語を何故あんなにも上手に
自然に話すことができるのかと不思議に思っている人も多いかも
しれません。
文法が似ていたり、あるいは英語そのものがヨーロッパ言語から
派生した言語である事からそのような国の人たちには馴染みが
あります。

でも、中国人や韓国人あるいは東南アジアの国の人たちも
英語を身に付けているわけです。

従来の日本の英語教育のやり方は大きく間違っていたと、今更に
なって言われています。今までの英語教育の歴史を振り返っても、
意味のない活用できない知識だけを頭にただ詰め込むような
英語教育をしていたのです。


英語教育の問題点を今は考えつつ、小学校の英語教育に賛成している
人が多いといわれています。
反対する人の意見も分からないでありませんが、上記で挙げた様な
言葉遣いの問題は英語教育の導入とあまり関係がないように
思われます。
それよりもグローバル化が加速する中で将来の事を考えると
やはり小学校の英語教育は賛成という考えが大部分では
ないでしょうか。

英語教育については各家庭で考え方が違っていると思います。
でも、子供が楽しみながら英語教育を進めていく事が出来るので
あれば、小学校よりもっと早い幼児期からでも英語教育をスタート
させても良いのではないかと個人的には思います。


正しい英語教育を進めていき、諸外国のように英語を
第二母国語というくらいに綺麗に話すことができるようになれば
いいと思います。


『ウィリアム・ジェイムズの名言』(米国/哲学者・心理学者)

”The greatest discovery of my generation is that man can
alter his life simply by altering his attitude of mind.”


心の持ち方・あり方で人生を変える事が出来るという事です。
昨今、「心」というものにスポットが当たっていますね。
高度経済成長の時代には気付かなかった、あるいはないがしろに
していたものが精神性です。

長い不況を経験する中で、次第に目に見えないものの大切さが
分かってきているように感じます。
年間、3万人以上の人が自らの命を絶ってしまうのが今の
日本という国の現状です。

知識を詰め込むだけの教育はもはや時代遅れ、これからは
もっと心の内面を育てるような教育が必要ではないだろうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118727843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。