英語の発音について

英語の発音がもっとキレイに出来るようになれば、
英会話を楽しむことが出来ると思っている人は多いと思います。

自宅に居ながら英語の発音をスキルアップしたいのなら、
英語発音サイトを利用してみてはいかがでしょう。

最近は何でもインターネットで検索してみると無料で活用できる
サイトが見つかると思いますよ。

例えばこのSuccess Englishを見てみてください。
このような無料で英語の発音を確認できるサイトは利用しないと
もったいないですよ。


最近は英語の発音を確認できる電子辞書なども高機能ですし、
大人気の任天堂DSなどのゲームソフトにも英語の発音を音声で
学習できます。こういうソフトは楽しみながら学習できるように
作られていますから意外とはまってしまうかもしれませんね。


英語の発音は日本人の発音とネイティブとの発音を比べてみると、
やはり日本人の発音というのはアクセントが間違っていることが
多いと言われています。
日本語のように一文字一文字に意味がない英単語は正しい
発音をしないと、発音のアクセントが違っているだけで通じなく
なります。

一度でも海外へ行ったことがある人ならこの事は理解できる
と思います。
いえ、日本でも外国人が集まるBarなどに言って話しかけてみると
簡単な単語も伝わらないことがあります。

得に注意したいのがカタカナ英語です。アクセントを日本語の
カタカナのように読んでしまうと全く通じない英語になるので
注意しましょう。

日本の英語教育の弊害ですね。
一度身に付いた英語の発音のクセが矯正するのが難しいです。
だから、初めに英語を習う段階で正しい英語の発音を身に付けて
置くいうことはとっても大事です。

カラオケで洋楽を歌うと上手に英語の発音が出来るのに、
いざ英会話をすると発音が全く出来ない人がいます。
これは原曲を耳で聞いて聞いた通りの発音で歌っているからです。
この事から分かるように英語の発音を身に付けるには、聴いた音を
そのまま真似ることです。

私たちが長年、学校で身に付けた英語の場合は教科書に書かれた
英文を目で見てから発音を後付けしてきました。
これだとなかなか正しい発音を身に付ける事が出来ないと
指摘されています。


あなたの英語の発音が出来ていないと、仮に相手の英語を
理解できたとしても英会話にはならないので意味がありません。

上記に挙げたサイトや道具を利用して一日も早く正しい
英語の発音を身に付けるようにしましょう。
そして、自分の子供をバイリンガルにしたいのなら
早いうちに正しい英会話(海外のアニメなど)を聞かせる
事をオススメします。


『ソクラテスの名言』(古代ギリシアの哲学者)

”The only true wisdom is in knowing you know nothing”

ソクラテスのあまりにも有名な言葉「無知の知」。

自分が無知であることを自覚することから知の探求が始まります。
長い人生の中で思い通りにならない事や想定外の出来事は
必ず起きます。
そんな時に役立つのは机に向かって身に付けた知識でなければ、
これまで経験したことでもありません。

自分が無知であることを知っていれば、0から新しい
解決策を創造できるのではないでしょうか。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。