英語を身に付けさせようとする親

今週末はもう8月なんですね。
本当に梅雨明けしたんだか分からないような天候が
東京では続いています。
夏っぽくないですよね。
また気象庁は9月頃になったら梅雨明けの日時の訂正を
するんじゃないかなぁ・・・

ただ、政治の世界は熱い!
衆議院が解散され8月31日の投開票まで各党が熾烈な
選挙戦を演じる事でしょう。
09年の秋、日本経済は回復の兆しが見られるのだろうか・・・

そんな折、教育投資に関する記事を見ました。
不況知らずと言われる教育業界、いえ、不況だからこそ
親は子に最良の教育を受けさせたいんでしょうね。

中でも公立学校で英語の授業が必修化されることが決定し、
塾や教材販売など英語教育事業が活発化しているようです。

大手予備校’東進ハイスクール」などを運営するナガセは
子供向け英語教室事業に参入することを決め、通信教育
大手のベネッセコーポレーションも自宅で英語の学習ができる
通信講座を11月にスタートさせるようです。


2011年度から必修化される英語の授業は新学習指導要領によると
授業は週に1回程度(年間35時間)実施されます。
その内容は英語の音声や表現に親しみむことで、
コミュニケーション能力の育成を目指すものです。


世界の流れはグローバル化です、その中で英語での
コミュニケーションは必須のスキルとなっていきます。
就職や昇進でも英語のスキルが重要な判断スキルと
なっている企業も増えていますから、早いうちに英語を
身に付けさせたい親御さんは多いのでしょう。

 

 
タグ:英語
この記事へのコメント
こんにちは、ブログに初めて訪問させていただきます。

素敵なブログですね^^

お気に入り登録しましたので、
また後日改めて訪問させていただきます。

今後とも宜しくお願いします。
Posted by fx情報商材 検証 at 2009年07月30日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124553578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。