英語を好きになる事が習得のコツ

戸田奈津子さんと言えば字幕翻訳者としてその名を知らない人が
いないくらい有名です。
公開された洋画を見ると画面の下に日本語の字幕が出ますが、
多くの海外映画の字幕を戸田奈津子さんは行っています。

そんな戸田さんに英語習得のコツを聞くと
「まず好きになること」
と至ってシンプルな回答でした。

戸田さんの英語との出会いは小学生の頃に遡ります。
父親に肩車されて掘っ立て小屋の映画館で観たスクリーン、
そこには大きな家・プール・豪華な食事・・・別世界が広がって
いました。
戸田さんはその時からすっかり英語と外国映画の虜になったそうです。


大学卒業後に当時は「男の社会」とされていた”字幕”の世界に
飛び込み、字幕デビューするまでに10年の歳月があったそうです。
長い下積み生活ですよね。それでも幼少の時の感動が
戸田さんな大きな支えとなったんではないでしょうか。

けれど、映画翻訳’戸田奈津子’の名前がブレイクするまでには
さらに10年の月日を要しました。
フランシスコ・コッポラ監督の「地獄の黙示録」、ここで
戸田さんの長年の苦労が報われました。
その後は年間50本もの海外作品の翻訳をこなしていたそうです。


「好きなもの得意なものを大切にして、
 努力し続けること。」

戸田奈津子から英語学習者に向けたメッセージです。
やはり継続は力なんですね。


『マルコム・フォーブス』の名言 (出版業者)

”Success follows doing what you want to do.
There is no other way to be successful.”


自分がやりたい事をやってこそ成功がもたらされる。
多くの人はいつの日かやりたい事を諦めて、世間に
流されてしまいます。

人生は一度きり、後悔したくない人生を歩みたいと願うなら
自分が情熱を注げるもの、本当に好きなものを続けてみよう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125678100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。