英語の長文対策、読解力はこう身に付けよう

こんばんは。
何だか師走に入ったというのに週間予報を見ると
天気が安定しませんね。
私が子ども時代の12月と言えば今よりももっと寒かったけど、
冬晴れが続いていたように思います。

地球の温暖化が影響しているんでしょうか?

さて、英語の長文と読み解く力についてもう少し記事を
書きたいと思います。
読解力を身に付ける為には、スピーディーに、そして
正確に英文を読めるようにする事がポイントになります。

それを考えると分からない単語をいちいち辞書で調べる行為は
時間がかかり過ぎてしまい、その学習法はセンター試験などの
長文読解問題には適していないという事が理解できると
思います。


それでは、どのような勉強法が英語の長文読解に適して
いるんでしょうか?
それは英語の文章をその都度日本語に訳さずに、そのまま
の状態(英文のまま)で理解していく、という事の練習が
必要です。

英語の文章を見ると一度、頭の中で翻訳してから理解を
意味していると思いますが、それではダメなわけです。

例えば”apple”という単語、普通は
”apple”=”リンゴ”と頭の中で変換していると
思いますが、これを”apple”のままで理解すると言う
事です。


これには量稽古が必要になってくると思います。毎日英語の
長文読解をするという事になるでしょう。
その際に選ぶ教材のポイントとしては、自分のレベルより
低いものを選んでも、高いものを選んでも効果は薄れて
しまいます。


辞書を使わなくても何とか英語の文章を読み進めていけるくらいの
長文教材が最適です。
この時に分からない単語が出てきたとしても前後の文脈から
文章を理解する、というトレーニングもしてみましょう。

日本語でもありますよね?
知らない言葉が出てきてもその前後の内容からその言葉を
推測する事ができます。
そうして文章を最後まで読み切ることが大切です。


このトレーニングを毎日行い読解力を身に付けていきましょう。
教材をわざわざ購入しなくても、図書館を利用しましょう。
普段行く機会があまりないかもしれませんが、図書館には
子供向けの英語の絵本があったりします。それでは
物足りない人は英文で書かれた小説もいいかもしれません。
既に映画化されたものがあれば、より辞書を使わずとも
推論しながら英文を読み進める事が出来るのではないでしょうか?


読解力は一日して成らず!毎日の積み重ねにより
身に付いていくと思いますよ!
タグ:英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。