日本に滞在している外国人は221万人

ちょっと英語とは関係ない記事になってしまいますが・・・

現在、日本には約221万人の外国人が「外国人登録者」として
滞在しています。
実際には、不法滞在の外国人も多いのでこの数字はもっと
増えるわけですが、本当に多くの外国人がいることが
分かりますね。

その内訳を見てみると一番多いのは中国人で約65万5000人です。
次に多いのが韓国人の約59万人(朝鮮人も含む)、以下、
ブラジル(約31万人)、フィリピン(約21万人)、ペルー(約6万人)
となっています。

経済発展が目覚しい中国、日韓のワールドカップをはじめ、
「冬のソナタ」が一大ブームとなりスポーツ・文化で交流の
ある韓国がトップなのは分かるけど、アメリカ・欧州などが
ペルーよりも少ないと言うのはちょっと意外ですね。

何だか、ここに日本人の英語アレルギーがあるような
気がします。
日米同盟をあれだけ強調していた旧自民党政権ですが、
本当に軍事だけの関係だったんだなぁ。


さて、昨年末に民主党は「新成長戦略」というものを
発表しました。
その中の「観光」に対して
在日外国人2500万人 雇用56万人”という数値目標を
掲げました。(根拠は不明)

現在の221万人の実に10倍もの外国人に日本に住んで
もらおうとしているわけです。
当然、上記にあげたアジアの国だけでこの数字が実現
できるわけはなく、いろんな国の人に来てもらわなければ
なりません。


その為に、受け入れる日本としては世界の共通語である
英語』を多くの人が身に付ける必要がありそうですね。
もう、第二公用語を英語にしなければならない時期が
来ているように感じるわけです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138044378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。