英語コンプレックスなんて言っている場合じゃない!

驚いたなぁ、前回の記事の続きですが
英会話教室の’Gaba’が行ったアンケート結果によると、

社内公用語が英語になったら?』という質問に対して、

実に47.2%もの人が、

「転職を考える」

と回答したようです。

ホント、日本の英語教育は大丈夫か?と文部科学省に
聞いてみたいものです。

日本人が持つ英語コンプレックスというのは本当に重症だなぁ。いや、
英語コンプレックスというより
■失敗したくない
■周りの反応が気になる
といった特性が影響しているんでしょうね。

英語っぽい発音をすれば周囲から揶揄されてしまう、酷ければ
いじめに遭ってしまうかもしれませんしね。
悲しい現実ですがやっぱり日本人は同質性を求める民族です。

対して、同じアジア圏である中国人や韓国人は英語教育に
力を入れています。
特に韓国は日本人をライバル視し、日本人には負けられない、という
強い意識があります。


かつて、”Japan as NO.1”という言葉ありました。
敗戦後の焼け野原から世界第2位の経済大国にのし上がった
日本を世界中が驚嘆した時代がありました。

黄色人種と言えば’日本人’であり、海外に行けば

Are you Japanese?

と聞けれていました。

この事実が韓国人にとっては屈辱のようです。
彼らは、英語圏の国に行った時、

”Are you Korean?”

と言われたいのです。

毎年、受験シーズンにはその過熱ぶりがニュースとなるほど、
日本以上の学歴社会となっている韓国は日本に以上の競争社会であり
格差社会でもあります。

同じく、中国だって日本以上の競争社会です。

日本人もいつまでも同国人同士で出る杭を打っている場合では
ないですね。
つい先日は、日本唯一の半導体メーカーであったエルピータメモリが破綻し
会社更生法の適用を申請しました。
’産業の米’と言われかつては世界シェアの大部分を占めていた日本の
技術が終焉を迎えてしまいました。
そのシェアを奪ったのが韓国やインドです。

グローバル社会の中で、いつまでも英語コンプレックスに陥っているようでは、
日本の将来は暗いと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。