TOEICとTOEFLの目的の違い

「使えない英語」から「使える英語」へ。
こんなニュース記事をヤフーで見かけました。


22日に文部科学省から公表された高校の新学習指導要領案は
「英語の授業は英語で行うことを基本とする」と明記したそうだ。
これまでの文法中心だった教育内容を見直し、英会話力などの
アップを目指し英語を使ったコミュニケーションが取れるように
しようという考えだ。
文部科学省は「まず教員が自ら積極的に用いる
態度を見せるべきだ」と説明しているが現場からは
「文科省は現場を分かっていない」という声が上がっている。


TOEICTOEFLの区別が付かない人は意外と多いと思う。
字面も似ていますからね。そこで今回はどちらも英語の試験として
同じようなイメージで捉えられるTOEICとTOEFLについて
比較をしてみましょう。


TOEICとTOEFLを比較するとその目的の違いが分かります。
TOEICは英語でのコミュニケーション能力を測るものですが、
TOEFLはアメリカや英国など英語圏の大学で勉強できるだけの
英語力があるかどうかを示すものです。
TOEFLは留学の目安として掲げられている事も多いです。


TOEFLの方が目的がはっきりしているので、受験者の
ターゲット層も絞り込まれていることが分かるでしょう。
これを知らずに外資系企業に入社するために
TOEFLを受験したりすると、恥ずかしい思いをするので
気をつけて下さい。


また、TOEICとTOEFLはその採点法が違うため、
TOEICのスコアをそのままTOEFLに当てはめたり、
その逆はできません。
一般には“TOEIC×0.348+296=TOEFL"とされているようです。
この公式を使うと、TOEICが800点なら、TOEFLでは574点と
いうことになります。


ここで注意が必要です。上記の公式はTOEFLの
ペーパーテスト版のみでの話だという事。
コンピュータ版ではまた違う計算式となります。

TOEICとTOEFL問題文の内容もかなり違ってきます。
英会話力を測るTOEICでは一般的な会話文がほとんどですが、
TOEFLは大学での勉強という目的があるため、問題文もそれに
即したものとなっています。


キャンパスでの友人同士の会話や、講義がそのまま
英文となって出題されることが多いようです。


いかがだったでしょうか。TOEICとTOEFLの違いが
分からなかった人も試験の目的が多少は分かったと
思います。

日常生活で使える英語の為にはTOEICを、
英語圏の大学を目指すならTOEFLを学ぶようにして下さい。


それでは今日の名言を紹介します。


”He dares to be a fool,and that is
the first step in the direction of wisdom”

〜ジェイムズ・ハネカー〜

「愚か者になることをものともしない、それが
      知恵の領域への最初の一歩である。」

現代は情報過多の時代である。そのせいかどこかに
答えがあると錯覚して、失敗を恐れる人が増えている。

でも、考えてもらいたい。失敗のない人生を送ることが
いかに愚かな事か。成長とは失敗からその芽がでる。
日本人が英会話を話さないのは、話せないからではなく、
完璧を求めているからだと言われる。

母国語を学ぶ時、何度も失敗して覚えるのに
第二言語を学ぶ時にスムーズに覚えられるわけがないのに。


ある人は言った。
「英会話を身につけられるかどうかは、どれだけ
 馬鹿になれるかだ」と。

この場合の馬鹿とは失敗を恐れずに、とにかく
話し続ける事である。

TOEICでハイスコアを獲りたいならシャドーイングをせよ

TOEICで高スコアを獲得している人には
ある共通点があるようです。
彼らはTOEICのスコアを上げるためにどんな
勉強をしているんでしょうか?


TOEICの攻略法、なんて聞くとあたかもゲームのように
感じられるかもしれませんね。でも、
TOEICで高スコアを取っている人たちは多かれ少なかれ
自分なりのTOEIC攻略法を持っているそうですよ。

TOEIC攻略法で多くの人が行っているトレーニングに
シャドーイング」があります。
初めて聞きましたか?シャドーイングとは
聞いた英語をすぐさまそのまま口に出して真似る、
実にシンプルなトレーニングです。

「Symple is the best.」

赤ちゃんが母国語を覚えていく過程も
周りの人(主に両親)の会話を聞いて、それを
真似る事から言語を習得していきます。


シャドーイングはTOEICのみならず英会話の基本として
挙げられています。まだやった事のない人は
是非、チャレンジしてみましょう!その効果を
実感できるはずです。


TOEIC低スコア者はもちろん「英語なんて中学英語だって
心配だ」という人ほどシャドーイングは効果があるんですよ。


TOEIC試験で重要になるリスニングは英語が苦手な人にとっては
本当に困りものです。けれど、人間の耳とは不思議なもので、
自分が好きなことに対してはある程度早口でも聞き取れるように
なっているのです。
例えば、昨今のミュージックはアップテンポの曲が多いですが、
若い人は楽々その歌詞を聞き取れます。
これが演歌に慣れしたんだ年配の方に聞いてもらうと
「まるで外国語のようだ」という反応が返ってくるでしょう。


シャドーイングのコツは「発音」です。
ジャパニーズイングリッシュではなく、聴いたとおりの
音をそのまま真似るのです。
繰り返し何度もシャドーイングを行うことによって
今まで聞き取れなかった音が聞き取れるようになります。


これは日本語にはない発音を自分自身で
出すことができると鮮明に聞こえるようになります。


シャドーイングで英語の発音だけでも身についていると、
とりあえず聞き取ることだけはできるようになります。
これだけではTOEICで高スコアを取ることは難しいですが、
そのための第一歩ともいえる攻略法です。


意味なんて気にしなくて結構です。意味を知るのは
聞き取れるようになってからで十分ですよ。


シャドーイング以外のTOEIC攻略法は、
以前にも書いたと思いますが、とにかく英語に慣れ親しむこと。
洋楽を聞く、洋画を見る、英語のブログに英語でコメントしてみる、
多くの人がさまざまな攻略法を持ってTOEIC試験に望んでいます。


スクールに通ったりTOEICの問題集に取り組む事も
もちろん大切です。それ以上に大事なのは英語に親しむ
環境を自分自身で整える事でしょう。
散々、学校で英文法・英単語のトレーニングは行って
きましたよね?それでも話す事が聞く事が出来ないのは
圧倒的に英語の環境に身を置く時間が少ないからです。


やろうと思えば身近で気軽にできるTOEIC攻略法を
探す事は十分に可能です。


『エレノア・ルーズベルトの名言』
  (米国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの夫人)

  ”The future belongs to those who believe
   in the beauty of their dreams.”

  「夢の素晴らしさを信じるものが夢を叶えられる。」


夢という目標があるから、その達成に向けて生きることが
出来ます。
常に目標を持って生きたいものですね。

TOEICの勉強法と時間管理

ビジネスマンにとって必須のスコアになっている
TOEICですが、それでは一体どのようにスコアを
上げていけばいいのでしょうか。

TOEICの勉強法は、大雑把に分けて2種類です。
独学で地道に勉強するか、スクールや誰かに
教えてもらうか、です。

独学でTOEICの勉強なんてできないよ、と思う人もいる
かもしれませんが、書店に行けば沢山のTOEIC対策本が
販売されています。
目標を決めて毎日問題集に取り組む覚悟があるのなら
独学でも出来ると思いませんか?
高校や大学の受験だって、塾や家庭教師から勉強を
教えてもらわずに合格している人がいるんですから、
TOEICでもそれは可能です。

でも、実際には多くの人が途中で挫折してしまうでしょう。
となると、TOEIC専門の学校に通って勉強することになります。

ですが、TOEICの試験勉強に関しては、学校の受験とは
大きく異なる事があります。それは、
TOEIC受験者の多くがビジネスマン(社会人)であることです。

学生のように勉強に費やす時間が、一日の中で
それほどありません。
学生の本分は勉強する事、勉強=仕事でしたから
どんなに勉強したって生活に支障は出ませんが、
(むしろ生活に支障があるくらい勉強した方がいい・・・)
社会人の場合、TOEIC受験者の中に時間が有り余っている人は
ほとんどいないでしょう。


多くのTOEIC受験者は仕事の合間を縫って、時間を見つけて
勉強しなければならないのです。
となると勉強法を考えなければなりません。
自分個人に合った勉強法よりも、今の状況に合った
勉強法を見つけなければならないでしょう。

TOEIC対策に評判のよいスクールがあったとしても仕事の都合で
通えない人もいと思います。自宅に子供やパートナーが
居ればそちらのサービスも必要でしょう。
いっその事、パートナーと一緒に勉強してみては?

独学では絶対無理、と言う人はやはり切磋琢磨ができる
仲間が必要です。同じ目標のある仲間がいれば勉強の効率が
上がるかもしれません。
身近に英語が得意な人がいる場合も考えられますね。
TOEICの勉強法は人によって条件や環境が違いますので
「これがいい」とは言えません。

自分に合った、自分だけの勉強法を見つけてじっくりと
取り組むのが一番です。

でも、ニッチな時間(スキマ時間)は利用するようにしましょう。
通勤時の電車で寝ているようでは駄目です。
その時間に参考書を読むとか、本が開けないなら
音声を聞くという勉強法もあります。

とにかく、時間管理がビジネスマンのTOEIC対策には
必要になってきます。
タグ:TOEIC TOEIC対策

TOEICは英語でのコミュニケーション能力を測ります

英検が学生の受験のための資格だとしたら
TOEICはビジネスマンにとって極めて必須の
能力といえると思います。

TOEIC(トーイック)とは、
「Test of English for International Communication」の略。

ポイントは「Communication」ですね。
日本語でもコミュニケーション下手の人が多いのに
英語でコミュニケーションとは・・・TOEICは英検に比べて
敷居が高いかもしれません。

TOEICを日本語でいうと
「国際コミュニケーション英語能力テスト」と
なります。
日本のような英語を母国語としない人々が
どのくらい英語でのコミュニケーションを取る事ができるのか、
その能力を測るテストです。

TOEIC受験者のほとんどはは日本人と韓国人だそうです。
ところが、ここ数年はヨーロッパからの受験者も
増えています。

TOEICの結果が英語圏の大学に入学する為の条件だったり、
外資系企業の職に就くために影響を与えることもあります。

外資系企業に限らず、日本でも海外との取引がある会社では
昇進の条件にTOEICスコア○○点以上、というのが
必須になっていたりします。

英検と違ってTOEICでは合格という概念がないことに
気付きましたか?

そうです、TOEICはあくまで英語でのコミュニケーション能力を
測る指針ですので“TOEIC取得者"ではなく、
“TOEIC○○点以上"とい使い方をしています。

TOEICスコアには有効期限はありませんが、
学校や企業で参考にするのははおおむね2〜3年までのスコアを
有効としているようです。

余談ですがTOEICの最高スコア(得点)は990点です。
中途半端ですね(笑)ところがこの最高点も回によって
変動するようです。

TOEICのスコアを活かしたいのなら、
頻繁にTOEICを受けるようにしましょう。
国際化が益々進んでいく事は確実です、、
いつあなたの会社が外国人と一緒に仕事をする事に
なるかは分かりませんが、可能性はあります。

気になるTOEICの試験内容ですが、
TOEICの試験は聞き取りと読解の2つから成り立ちます。

聞き取りはアメリカやイギリスと言った日本人の想像する
英語(米語)だけではなく、なまりがあるカナダや
オーストラリアなどの発音も織り交ぜられます。

これはTOEICが英語を使ってコミュニケーション能力を
測る事が大きく影響しています。

読解は英文を日本語訳にするのではなく、英語の意味を理解して
英語で応える内容となっています。
(穴埋めの選択問題もあります。)
TOEICは2006年にリニューアルされました。
リニューアル後にTOEICの試験を受けた人からは
問題が難しくなった、という声が聞かれています。
タグ:TOEIC


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。