英会話教室は淘汰の時代に、オンライン英会話の台頭

かつて英会話を習うには高額な費用が必要でした。

破綻した’NOVA’しかり’ジオス’しかりです。
高額なレッスンチケットを前払いで購入させた挙句、予約が取れずに
期限切れといったトラブルがよく起きていたようです。

でも、インターネットの普及、オンラインサービスの向上により
英会話を習う費用がグッと下がっています。

無料通話のスカイプとWEBカメラが搭載されたパソコンさえあれば、
場合によっては無料で英会話を習うことだって可能です。
(自分で講師となる人を見つけ交渉次第ですが)

スカイプをログインしていると分る事ですが、いきなり外国の
見知らぬ人から通話が掛ってくる事があります。
そのような体験をしてみると、『世界中がインターネットで繋がっている』
事が実感できます。


と、少々話がそれましたが、外国の現地で講師を採用しスカイプを使った
オンラインで英会話を教えるビジネスをしている会社が増えてきている
ように思います。

例えば、英語が公用語であるフィリピンで講師を雇い、日本の生徒へ
マンツーマンで英会話を教えるというスタイルです。
驚くのはその価格で一回のレッスンが数百円で済んでしまいます。

月額の定額制でも一万円を切る価格でサービスを提供している会社もあり
英会話学習の価格破壊が起きています。

あまりに安いので『講師の質はどうなの?』と心配になってしまいますが、
ほとんどの会社は無料体験レッスンを行っているので、実際に試して
からサービスを利用してみるといいですね。

≪オンライン英会話スクール一例≫

バーチャル英会話教室


テレカイワ


スカイプで英会話/無料体験実施中



パソコン上でスカイプを使った方法より、リアルに会って
英会話を学びたいという人には、英会話カフェ(英会話喫茶)がお勧めです。

検索してみると1時間2000円くらいで少人数で行われている
ケースが多いようです。
バーチャルとリアルを組み合わせて学習するのもいいですね。
普段はオンライン英会話でトレーニングし、英会話カフェで実践を
積む事で英会話の実力がグングン伸びると思います。

いずれにしろ、過去のような高額な費用をかけなくても英会話を
学べる環境が整っています。
オンラインなら時間も場所も自由ですから忙しい人でも出来ますね。


英会話のニーズはますます高まっていきます。
もしかすると、中学・高校で学習塾に通うより英会話を
習った方が就職には強いかもしれませんよ!

英会話教室をバンドマンが!

下北沢にオープンした英会話教室「ELCT」。
この「ELCT」の代表者である立川哲平氏はバンドマン
なんですって!

立川氏の経歴を見ると興味深いですよ。

大学卒業後に、聖地’下北沢’でバンド活動をする一方で
バックパッカーとして海外へ放浪の旅へ。
だけど、ここで自分の語学力のなさを痛感しました。

立川氏は千本ノックならぬ千本洋画を1年間に鑑賞したり、
ポッドキャストを利用したりと、独学で英語とスペイン語を
習得したそうです。。
 
そんな立川市がオープンさせたのが
”English Learning Commnunity Tokyo”=「ELCT」です。
 
⇒ 下北沢de英会話
 
 
立川氏は、
「大手の英会話教室と違い、リラックスした日常の雰囲気の中、
おしゃべりをする感覚で文法までしっかりと学べる。
ビギナーから上級者の方まで大歓迎」
と話しています。


英語を習得するには色んな方法があると思いますが、
立川氏の習得法に学ぶところは多いですね。

年間千本の洋画というのは余程の覚悟がなければ
観る事なんてできません。
彼をそこまで奮い立たせたのは海外での苦い経験、そこから
独学で習得したポテンシャルの高さは凄いですね。

英会話に触れるために出かけよう

英語教室と聞くと大人向けの教室というより、
どちらかと言えば子供向けの英語教室を思い浮かべる人が多い
かもしれません。

英語教室は現在、とても人気があり各地で展開されていますね。
「英語教室」と「東京」で検索をかけると、本当にたくさんの
英語教室が検索結果としてヒットされて表示されます。
この結果を見ると英語、ひいては英会話を学ぶ機会は至る所に
存在していることが分かります。


でも、やはり英語教室に通わせたい親は多いようです。幼児向けの
英語教室がこれほどまでに増えている理由としては、小さい頃から
活きた英語に触れさせ、将来どこの国へ行っても通じるスキルを
身につけさたい、という親心だと思います。
少しでも早い時期に英語の環境に触れておけば、それだけ
英語の習得に有利である事は間違いありませんからね。


一方、大人になってからだって英会話を身に付ける為に
英語教室に通うことはプラスに作用します。特に独学で
英会話を身に付けようとしている人は、NHKのラジオ講座を聴いたり、
(書店でテキストを購入して)、オーディオCDで勉強したり
していると思います。


英会話を独学で習得する為には、ランダムに毎日同じ勉強を
繰り返すことが大切です。そこで、録音しておいた放送を一度に
暇な時に聞くというのでは、英会話の上達は難しいと言えます。
毎週同じ時間に英会話の学習をラジオですることこそ、意味があると
言えます。


こうしたNHKラジオで英会話を勉強するのは、英会話を学ぶための
費用を抑える事が出来るので良いと思います。また、ある程度、
英会話が身に付いてくれば、国際交流パーティーに参加するという
方法もあります。
国際交流パーティーに参加することで外国人の知り合いを作ることが
出来るので、英会話の能力も自ずと磨かれていきます。

英語タウン」のパーティーなら、外国の人も日本人と仲良く
なりたいと思って参加しているので、すぐに仲良くなれるでしょう。
パーティーでは、だいたい300人ほどの人が集まるようですから、
物怖じせずに色んな人に声を掛けてみましょう。

英会話上達のコツは失敗を恐れないこと。
あえて言うなら失敗を重ねるほど英会話の習得に近づいて
いきます。
復習です。以前の記事に書いた”大きな"声で話す”そうすることに
よって相手が聞く姿勢を取ってくれるので有効ですよ!

また、LEAFCUPの英会話喫茶に参加するのも、
よい英会話学習法となると思います。
英会話喫茶も検索をかけると多くのサイトがヒットしますね。
英語教室と聞くと敷居が高い気がしますが、英会話喫茶なら
お茶でも飲みながら日常会話のトレーニングができそうな
イメージが湧いてきませんか。


英会話を本気で習得したいのなら、英語学習者にアレンジした
ような教材の英会話ではなく、本物の英会話を何回も聞く必要が
あります。
そうすると、自分が知っている単語でもその会話の中での発音が
違うために聞き取れない事が多々あることでしょう。
その経験が必要なんです。

その時、初めて学生時代の日本の英語教育がいかに酷いもの
だったかを知る事になります。
と、これは余談でした。
一度でも海外に行ったことがある人は、本場の英語というものが
どんなものか分かりますよね。
日本にいてもいくらでもそのような英語に触れる機会はあるので
いろんな所へ足を運ぶことをオススメします。


『エマーソンの名言』 〜アメリカの詩人・思想家〜

”The years teach much which the days never knew”


数日では分からない事でも、数年経てば(時が)教えてくれる。
直ぐに答えを求めようとする現代人には耳の痛い言葉かも
しれませんね。
まぁ、一概には言えませんが、特に自分には向かないと思うと
直ぐに諦めてしまうような飽きっぽい人は、心に留めておいて
ほしい言葉です。

そんな簡単に向き・不向きを判断することは出来ませんからね。


英会話を子供のうちに身に付けさせたいなら

2013年度の新入生(高校生)から実施される
英語の授業は英語で行うのが基本」とする
学習指導要領に一番困惑しているのは現場の
英語教師ではないでしょうか。

英語の先生なのに英語が話せない、というのは
昔から言われてきたことです。
これには日本人特有の原因があります。

それは失敗を極度に恐れてしまう、
という事です。

(続きは編集後記で)

本日は幼児期の英語教育について
説明したいと思います。グローバル化が加速する中、
子供に英会話を習わせたい、バイリンガルにしたい、
と願う親は多いでしょうね。


幼児・子供の時期は、人生の中で最も
語学力が発達します。
この時期をクリティカルパスと言ったりもします。

大人が第二言語を習得するのに苦労するのは
母国語を習得した今、第二言語を必要としないからです。
(脳の歴史上の話ですが)
そこで、この子供が母国語を習得する時期に
ネイティブ人の発音を耳にすることで、日本語と
英語の両方の言語を習得する事が可能となります。


ただし、英会話産業は飽和状態にあり幼児・子供の
英会話教室はとてもたくさんあるので選び方には
注意が必要です。
一人前のネイティブ教師は「子供を教える事が出来る教師」
だと言われます。


子供を教える事の出来る先生は、必ず大人も教えることが
出来ます。その逆は成立しません。
大人を教えるのが上手いからと言って、必ずしもその
ネイティブ教師が子供まで上手に教えられるものでは
ないのです。


幼児・子供を教えるのが上手い教師は、子供に対して
英会話の動機付けができるかがポイントとなります。
例を挙げると、最初の挨拶をする時、上手なネイティブの
英会話教師なら、おもちゃなどで関心を引いたり、
冗談を言って子供を楽しませ、子供の心を掴みます。


間違わずに幼児・子供を英会話教室に入れるのなら、
実際に子供を体験教室に入れて判断しましょう。
無料の体験教室がないような英会話教室は
リストから外して構いません。

幼児・子供の英会話教室の代表的なところでは、
■イーオン子供英会話
■Gaba・グローバル・スターズ
 (小学生のためのマンツーマン英会話)
■ミネルヴァ(幼児・子供のための英会話教室)
■ヤマハ音楽教室の英会話教室
などがあります。

ネイティブの発音を聴かせたいのなら、
英語の絵本を見ながら、DVDやCDソフトで
学習する方法もあります。
これなら、お母さん(お父さん)も一緒に
聴く事が出来るので一石二鳥かもしれませんね。

子供向け英語教材「マミートーク・イングリッシュビレッジ」


ただ、この場合も子供にとって
英語を聴く事が楽しい事だと思わせなければ
なりません。


『バートランド・ラッセルの名言』

”Anything you're good at contributes to happiness.”

「あなたが得意なことが幸福をもたらす。」

可もなく不可もない均質な人間を作るより、その人の
得意なことをとことん伸ばした方が良い時代が今では
ないだろうか?
それこそを「個性」と呼ぶ。
苦手の克服よりも、得意な事はやっている時こそ、
生きる幸福を味わえる。


(編集後記)

英語の先生が授業で英語を話したらどうなるだろうか?
おそらく、周りの教師や生徒からの見えない
プレッシャー(ネイティブのような発音で話す)に
押し潰される事だろう。

キレイな発音で話すには数多くの失敗を
繰り返さなければならないのに、それを
許さないのが今の日本である。

失敗せずに話し続けることが出来る人(馬鹿になれる人)が
英会話を身に付けていくのだ。



マンツーマン英会話のメリットとデメリット

英会話を習得する手段には2種類の方法があります。

生徒と講師が一対一のマンツーマン方式で英会話を習う場合と、
講師1人に対して複数の生徒で習うグループで英会話の
レッスンをする方法です。

今回はマンツーマン英会話を習得する上での
メリットとデメリットをご紹介したいと思います。

■マンツーマンレッスンのメリット

マンツーマン方式で英会話を習う最大のメリットは
先生を独占できて、どんなことでも質問することが
出来ると事です。
特に英会話初心者にとっては周りに他の生徒がいると、
質問する事に大きな壁を持ってしまうと思います。

マンツーマンだとそんな心配をする必要がありませんので
緊張感なくリラックスして英語を学ぶことが出来ますね。

学ぶ環境としてもマンツーマンレッスンは最適です。
講師と一対一な訳ですから常に話すか相手の話を
聞かなければなりませんので集中してレッスンを受けることが
出来ると思います。


■マンツーマンレッスンのデメリット

マンツーマン方式のデメリットもみてみましょう。
多くの人が気になるのがやはり一回の授業料でしょう。
当然の事ながらグループ方式の英会話レッスンより
高くなってしまいます。

学校側から見ればこれは当然の事ですね。英会話教室が
一番費用をかけているのは生徒を集めるための
広告費です。1人でも多くの生徒を獲得するために
様々な媒体に広告を出していますよね。
その為に見栄えの良いホームページも準備しなければ
なりません。

その他にも授業を行う講師への給料、教室運営を
するための固定費がかかっています。

マンツーマンレッスンだけでこの費用を負担するとなると
それだけ生徒に負担を強いる結果になります。

英会話レッスンを受ける際のデメリットとしては
自分以外の生徒さんの様子が分からない点があります。
同じ目標を持った切磋琢磨する英会話仲間がいた方が
上達は早いかもしれませんね。
自分のクセを知る事ができ相手のクセを見て聞いて、
上達に役立てる事ができます。

レッスンの後に情報交換したり、食事や飲みに
行けないのはちょっとつまらないかもしれません。


出来る事ならマンツーマンとグループの両方の
良いとこ取りをしたいものです。
マンツーマンでの成果をグループレッスンで試して
その時に感じた疑問などをマンツーマンの講師に聞く。
こんな風に英会話を習得していけば、楽しみながら
出来そうですね。


『カリール・ジブランの名言』(哲学者・詩人)

  ”The most pitiful among men is he who
turns his dreamas into silver and gold ”

夢を金や銀に変えてしまうような人間は 
最も哀れな人である。


英会話のコツはとにかく○○すること

日本人はどうして英会話が出来ないんだろう?
中学から高校までの6年間、大学を含めると10年間・・・
現在は幼稚園、小学校から英語教育が行われているようですが、
ほとんどの国民は長い年月英語を勉強しています。

正確に言うと英語について勉強しているのですが。


日本の英語教育は、会話に重点を置くより、文章の読み書きや
読解力を主体としてきました。
そもそもが英会話ができる人材を輩出するための
教育ではなかったんですね。

言うまでもなく英会話は、コミュニケーションの
一つの手段です。

英会話の上達法は、人によって千差万別です。
英会話が上達するための学校や、書店に行けば本屋CD、DVDなど
沢山の教材が販売されていますね。
本当に毎年毎年、よくも新たな英会話上達法が登場する
ものです。


インターネットを利用して英会話を習うという
学習法も最近では増えてきたのではないでしょうか。
時間と場所を選ばないオンラインによる勉強は
忙しい現代人にとってはありがたいものです。
それだけ英語を話したい、話せるようになりたいと
願う日本人が本当にたくさんいるいことが分かります。


けれども、英会話は暗記するものではないので、
学習をしても思うように身につかないと嘆いている人も
多くいるのが現状ではないでしょうか。
語学は、よく言われる事ですが8歳まではすぐに
身に付くそうです。これをクリティカルエイジと言っている
人もいますね。この年齢を境に段々と語学力が
低下していきます。


英会話の上達法はとにかくネイティブの人たちの中に自分を
置くことです。強制的に英語が必要な環境にいることが
必要ですし、そのくらい覚悟がないとなかなか上達しません。

目の前に人がいれば、例え言語が違っても
伝えたいことを、手振り身振りを駆使しながらなんとか
相手に伝えようとすると思います。
その努力することこそが、まず英会話の上達法には
大切ではないでしょうか?
赤ちゃんが必死になって両親に言葉を伝えようとする
姿を想像すれば納得して頂けると思います。

英会話教室(ネイティブスピーカーによる)に通って
英会話の上達を期待する人もいます。
でも、週一回のトレーニングだけで英会話が上達するかと
言われればこれはなかなか上達しません。

それは英語と親しむ時間が足りないからです。
もちろん悪い事ではありません。

しかし、効果をより上げたいならネイティブの講師の授業を
大切にしつつ、他の曜日をCDやDVDなどの本物の英語に
触れる時間を増やし、正しい発音を毎日聞くという
努力が必要です。
(発音についてはまたの機会に説明しますね)

休みの日にまとめて勉強するより、毎日の積み重ねが
英会話上達のコツです。忙しいと言われる現代ですが、
作ろうと思えばコマ切れ時間は結構つくれるものです。

【英語コラム】
今回から著名人が語った名言と言われる英文を
紹介したいと思います。

記念すべき第一回目はアルバート・アインシュタインの
この言葉です。

「All these primary impulses,not easily descrived

in words,are the springs of man's actions.

言葉で表現する事は簡単ではありませんが、
最初に湧き上がる情熱がヒトの行動の源泉なんです。
タグ:英会話 英語

英会話が出来れば世界が広がる!

私が学生だった頃は英語は中学から教えられました。
今ではほとんどの小学校で英語の授業があります。
国として英会話ができる人材を育てたいという
現れでしょう。

日本で働く外国人も増え、また観光立国として
世界中からの観光客を受け入れたい中、英会話
出来る人材の育成は必須です。

近い将来、英語が日本の第二公用語となるでしょうね。


英会話の教室は、日本中に数多くあります。そして、
そこへ多くの生徒さんが「英会話を身につけたい」と
通っていることを考えても、英会話が出来るように
なったら、という願いをもった人たちが
大勢いることが分かります。

英会話の習い方は一つではありません。英会話を
マスターした人の話を聞いてみると、その方法は
多岐に渡ります。
例えば、ネイティブの教師が自分の自宅で英会話を
教えている場合、決まった曜日と時間に先生の家に
行って習います。
また、大きな書店に行くと日本の漫画などの書籍が
英訳されたものや海外で売られているCD、翻訳されていない
DVDを利用して、英会話を習得しようとする人もいます。





独学での英会話学習は決まった日にちに教室へ
出向かなくていいので、自分の好きなスピードで英会話を
学ぶことが出来ます。その反面、義務感がないので
仕事が忙しくなったり、気分が乗らなかったりした時は
容易に継続できなくなってしまうかもしれません。
一長一短ですね。


もっとお金をかけずに英会話の勉強するなら、
NHKのテレビやラジオでの英会話講座を利用するという
手もあります。、
講座を録音して何度も繰り返し観ながら
学習できれば非常に良い効果が得られると思います。


英会話を習いたいという気持ちが湧いた人は数多くいる
と思います。そうすると、上記に上げた方法を
試そうと行動を起こす人が大部分でしょう。ただ、
それが長続きするかどうかは話が別です。

どうすれば飽きずに継続して
英語を学べばいいんでしょうか?

その答えの一つが英会話を学ぶことが楽しい
思える事です。
「好きこそものの上手なれ」
英語を学ぶが事が好きになれば練習を積むことが
苦ではなくなり継続してできると言えます。


その為には英語を話すことを恐がらない事です。
これはある先生が言っていたんですが、英語を
学ぶ日本人には大きな特徴があるようです。

それは、「話して失敗する事を極端に恐れる」
という事です。

英語を習っているほど、「もう少し上手くなってから
英語を試す」と言って話したがらないそうです。
そうするといつまで経っても英会話が上達
しないそうです。

何故なら「もう少し上手く」がどの程度かが
わからないからです。

英会話は量稽古なのかもしれませんね。

タグ:英語 英会話


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。