語学留学に奨学金!?

思い出すなぁ・・・今から約10年前のひなまつりに
私は日本からニュージランドへワーキングホリデーに
旅立ちました。

当時の私の頭の中には「外国で暮らしていれば自然と
英会話が身に付く」と思っていました。
環境が自然とそうすると言われていたし、信じていました。


ワーキングホリデーの斡旋会社に登録して、準備は万端、
現地に着くとホストファミリーのお父さんが空港で
出迎えてくれました。「これから海外生活が始まるんだなぁ」と
思ったものです。

中学・高校と6年間英語を勉強し、ワーキングホリデー前には
NHKのラジオ講座で慣れているつもりだったので不安はちっとも
ありませんでした。(若かったしね(笑))

ところが、私はすぐに打ちひしがれました。
「日本での英語学習は何だったのか?」明らかに劣っているのが
スピーキング、マクドナルドに言って”ハンバーガー”の発音が
通じないんですからもう笑うしかありません。



最近は、ちょっした語学留学ブームガ起きています。
わずかな時間を取ることが出来れば、簡単に語学留学へ行けるような
環境がある時代になったんですね。

中には、経済的な面から語学留学なんかとてもじゃないが無理だ、と
語学留学をしたくても諦めている方もいらっしゃるかもしれません。
でも、仮に語学留学の為の資金が不足しているようなら、
奨学金を利用するという手がある事をご存知でしょうか?


奨学金の種類には地方自治体や、財団法人などの民間団体、
民間企業が運営するものなど、知らないだけで実は多くの種類が
あります。
大別すると、語学留学前の人を対象として日本で募集する
奨学金制度と、もう既に語学留学中の学生を対象に
学校、研究所や団体が募集する奨学金制度とがあります。


留学先で奨学金を獲得するよりも、留学準備を事前に行って
日本国内の奨学金制度を利用する方が簡単です。
応募対象や選考基準、方法などは、その奨学金を扱っている
団体によって違うので、最初に必要な情報を集めてから、
自分に一番合ったものを選ぶようにして下さい。

ただ注意してほしいのは奨学金が留学時期の1年以上前に
締め切られてしまうという事です。ですから、
語学留学で奨学金を得ることを検討しているなら、情報収集は
早めにしておくようにしましょう。

想像できると思いますが、これらの給付型の奨学金は、非常に
倍率が高く、選考も厳しいものが多いです。
誰もが貰えるというものではありません。


給付型の奨学金が受け取れなかった場合には、返還義務は生じますが
貸与型の奨学金もあります。貸与型の奨学金制度を行っている
代表的な団体としては日本学生支援機構(JASSO)がありますが、
その他の団体でも貸与型の奨学金を支給している所があるので、
調べてみて下さい。


『ウィリアム・ジェイムズの名言』 (哲学者・心理学者)

”The greatest discovery of my generation is that
man can alter his life simply by altering attitude of mind.”

心が人生を反映していると言おうか、はたまた心の持ちようが
人生を決定しているという事。

不満を言うことは簡単です。特に現在はとても厳しい経済環境
ですから。
昨年末に巻き起こった派遣切りのニュースは、今では正社員の
リストラに及んでいます。
でも、これを全て不況のせいや国のせいにする事が
出来ないと思います。

何が起きても不思議ではない時代、こんなピンチ(危機)の
時こそ、しっかりとした心を持つ必要があるのではないでしょうか?
人生は自らが切り開くもの、他者に依存している状態では
いつ不運に見舞われるかは分かりません。

成功哲学で言われるようなポジティブ・シンキングを推奨する
つもりはありません。
でも、出来事をを色んな面から見ることは必要だと思います。



留学ジャーナルは海外留学の老舗です

建物を建てるときに最も重要な部分は基礎(土台)です。
基礎が出来いないのにその上に建物を建てることほど
おろかな事はありません。

近所で新築の家を建てていました。いつ通っても
基礎ばかりの工事です。ところが、基礎が完成し家を建てる
段になると、あっという間に素敵な家が完成していました。


英語を学ぶのも同じではないでしょうか。とかく、日本人は
直ぐに楽に話せるという呪文のような言葉に弱いです。
聞くだけでペラペラとか。
でも、基礎が備わっていないのにそうなるはずはないですよね。
全国でも有名な新学校として有名なある学校では、
とことん基礎から英語を学ぶといいます。
と言っても文法の暗記をしたりの詰め込みではなく、
楽しく学べるような工夫がされています。

最初に、身近なものを全て英語に直すそうです。
冷蔵庫を”refrigerator”、電子レンジを”microwave oven”と
いった具合に。それからその単語を使った英文を作るトレーニングを
徹底的に行うと聞きました。
基礎の上には何も建ちません。逆に基礎がしっかりしていれば
上達は早いということです。



海外留学に挑戦したいなぁ、と情報収集をしたことがある人は、
留学ジャーナルと言う言葉を目にされたことが
あると思います。

留学ジャーナルは、海外留学のサポートや、カウンセリング、
更には留学に関する情報誌の製作や、留学時の様々な手続きの
代行などを業務としている会社です。
株式会社留学ジャーナルは、1971年に創業しました。

他のどこの同業者には負けない圧倒的な情報量を誇り、
留学のバイブルとも称される『留学ジャーナル』の発行をはじめ、
諸外国の大使館や教育団体等との協力・賛同のもとに留学フェアや
イベントの開催を積極的に行なっています。


そこから得たネットワークと最新情報をフルに活用し、
35年以上にわたって、留学希望者に対する支援を誠実に行ない
続けているのが留学ジャーナルです。
留学ジャーナルで取り扱う留学は、大学院留学をはじめとし、
大学留学や短期大学留学、語学留学や専門留学、ワーキングホリデー
や今流行のお稽古留学など、留学と言う留学はほとんど
網羅しています。


これだけの種類の留学があるだけでも驚きですね。
私自身も19歳から20歳までの1年間、ニュージランドへ
ワーキングホリデー留学していたので、機会があればこのブログで
紹介したいと思います。

そうですか、最近では海外での習い事(英語以外)も流行っている
そうですね。乗馬やフラワーアレンジメントとかかな。

渡航先の情報も豊富で、オーソドックスなアメリカをはじめ、
イギリスやカナダ・オーストラリア・ニュージーランド・ドイツ・
イタリア・フランス・アイルランド・スペインなど、人気のある
留学先の情報も幅広いことで知られています。


また、留学ジャーナルの留学カウンセリングは定評があることで
知られています。経験豊かな留学カウンセラーが、これから
留学しようとする人に対して1人1人の個性や希望をしっかり
見極めてアドバイスを行なってくれます。


更に、留学を終え帰国後の進路や就職相談にも応じてくれます。
これは嬉しいですね。特に会社を退職して留学をした人は
その後の人生設計に不安がありますが、就職相談が出来る場が
あると言うのは心強い事だと思います。
留学ジャーナルでは、留学で得た経験や知識を活かした就職を
希望する人に対して、帰国後にはキャリアカウンセラーが就職の
サポートを行っているので気になる人は相談してみましょう。


『ヘレン・ケラー』の名言 

”Although the world is full of suffering,
it is also full of the orercoming of it.”

ご存知、ヘレン・ケラーが遺した言葉です。

見えない、聞こえない、話せないという障害を負い、想像を
絶するような人生を歩んだヘレン・ケラー。しかし、彼女は
その生涯を障害者の教育や福祉に尽力しました。

世界は苦難に満ちているが、それは同時にその苦難を乗り越える
機会にも満ちているということ。
視点を変えるだけで物事の見え方は変ってくるのです。

語学留学の準備は念入りに

楽しく学べるものなら英語は楽しく学びたいですよね。
学生の頃、必死に教科書として睨めっこして分からない単語を
辞書で調べて、文法を紐解いて読解をしてきたと思います。

しかし、私達の多くは英会話が出来ない。外国人が話しかけて
こようものなら「I can't speak Engilish.」と逃げてしまう。
そもそも英会話とはコミュニケーションなのだから、はなから
コミュニケーションを放棄してはなりませんね。


アイシェアという調査会社が「理想の英語教材は?」を
インターネットで調べたところ、トップがゲームでした。

ニンテンドーDSの影響でしょうか?「えいご漬け」というのが
売れているらしいですからね。実際の効果は未知数ですが、
面白く学べるならゲームでも良いと思います。
逆輸入されたコミックも原作を知っていれば、予想して読むことが
出来ますからスッと頭に入るかもしれませんね。


興味深いアンケートもありました。
「あったら欲しいと思う教材は」に対して20代の3割もの人が
「英語は萌え系教材で学びたい」と解答したそうです。
ちょっと恐い傾向ですね。

ゲームにしろ萌え系にしろ対称が人ではないのが残念です。

英語に限らず語学はコミュニケーションをするための技術です。
コミュニケーションの相手は対人なわけですから、出来るだけ
人との対話を大事にしてもらいたいと思います。




語学留学をしたいけれど、費用ってどのくらい必要なんだろう?
そんな方が多いのかもしれません。
語学留学の費用には、実に様々なものが含まれまています。
語学留学先へ行くためには、手ぶらで行くわけにもなりませんから、
留学の準備のための買い物の時点から、もう語学留学の費用が
発生しています。

語学留学にかかる費用の中で、特に大きな割合を占めるのは
学費です。これは、学校ごとに金額(入学金・授業料)が異なり、
かなりの幅がありますから予算と照らし合わせて選ぶことも
必要になってきます。

その次に、ホームステイ費が必要になります。語学留学の場合、
一般的な滞在方法としてホームステイが挙げられます。
ホームステイとして留学生を受け入れてくれる家族を
ホストファミリーと言います。
そのホストファミリーに支払う費用がホームステイ費です。
多くの場合、留学先の学校がホストファミリーと提携してるので
学校が決まった時点でこのステイ費も決まってきます。


一方で、最近は語学留学先での住居として人気が高いのが学生寮です。
人気の秘密は、世界各国から学生が集まっているので様々な文化に
触れることが出来ることです。
さらに、日本では考えられない広さのキッチンや個室、今では
住む時に必須の条件となりつつあるネット環境も整っていて、
とにかく設備が充実しています。
便利な立地の治安も良いエリアにあることが多いので
セキュリティも安心ですね。


語学留学であるにしろないにしろ必ず必要な費用が食費です。
ホームステイの場合は、朝食と夕食はホストファミリーの家で
準備されます。朝はシリアルやパンなどが一般的で、夜は豪華な
ディナーになることもあります。時には家族でBBQを行ったり、
近所の友達を呼んでホームパーティーを開くこともあります。

ですのでそれ以外の食費(昼食ですね)に関しては、あらかじめ
準備する必要があります。
学校に通っていれば普通は友達と食べに行く方が多いですけどね。

また、渡航のための航空券ですが、これは時期やチケットの
種類によって大きく金額が変ってきます。
最近はインターネットでも安くチケットを購入するができます。


チケットに限らず語学留学先などの情報はインタネットを使えば
いくらでも調べることが出来ます。
出来るだけ失敗なく留学を行いたいなら事前の段階でしっかりと
下調べを行っておきましょう。
もちろん、現地に行けば予期せぬ出来事が多々あると思いますが、
不必要な失敗はしたくないですからね。


『ヘンリー・ソローの名言』

”In the long run,men hit only what they aim at.Therefore,
they had better aim at something high.”

目的は高く持ちましょう。(漠然としても構いません)そして
目的を達成する為に段階的な目標をいくつも用意しておくのです。

アテネ五輪で金メダルを獲得した柴田亜衣選手の言葉が
これをよく表しています。

「始めは代表に選ばれることが目標だった。代表に選ばれると
 次は決勝に残ること。」

金メダル獲得後には「日本新記録を出すこと」が目標に
なったそうです。

五輪代表に選ばれるとそこで次の目標へと切り替えが出来ずに、
肝心の舞台で失敗するケースが見られます。
目的は追求し続けるものであり、目標は通過点に過ぎません。

”hit only what they aim at”は直訳すると、「目的にだけ
当たる=目的があるからそこへと全力投球できる」という意味です。

だから目的は高いところに置いておきましょう!

短期でお試し語学留学

沢尻エリカさんとハイパーメディアクリエイターの高城剛氏が
明治神宮で挙式をあげましたね。
沢尻さんは”We’re getting married ONE LOVE”と
高城さんは””We're getting married. Our life is a journey...”
とブログで結婚を報告しました。

年の差が20歳!という夫婦ですが、何だか彼らは上手くいきそうに
思います。
出来ちゃった結婚で数年後にすぐに離婚する芸能人カップルが多い中、
沢尻エリカさんと高城剛氏は異国でしっかりと愛を育んでの結婚、
お互いの価値観や生活習慣はバッチリ分かっているはずですから、
幸せになってもらいたいですね。

沢尻さんに対しては賛否両論の意見がありますが、私は彼女の
演技が好きですし、変に媚びないところに共感を持っています。
(まぁ、リップサービスは必要だと思いますけどね)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

語学留学を斡旋してくれる業者が充実してきているためか、
誰もが気軽に語学留学をすることが可能な時代となりました。
その中でも、現在、ちょっとしたブームのようになっているのが
短期語学留学です。
短期語学留学とは、字面の通り短期間の語学留学を行うことです。

語学留学と聞くと現地に長期滞在をしてじっくりと勉強する、という
事が前提のように思いますが、最近の語学留学は多くのプランが
用意されています。
個人の語学留学の目的が多岐に渡るため、それに対応した豊富な
プランが用意され選択の自由が広がったとも言えますね。


中でも、1週間以内という超短期のものから3ヶ月間くらいまでの
期間で語学留学するものを「短期語学留学」と呼んでいます。
短期留学でしたら学校や会社が忙しくて留学をしたくても
出来ない人がお試し感覚で留学をする事ができます。

短期語学留学をしてみて、もっと語学を学びたいという感情が
高まれば学校を休学するなり、思い切って会社を退職するという
判断もできますよね。
先ずは実際にやってみない事には何もわかりませんから。
そういう意味で、短期で試してみる事は本当によい事です。
特に会社員が語学留学したいと思うのは、現状に何らかの
物足りさを感じていて、別の機会を窺っているのではないでしょうか。
短期で試すことにより、その思いがハッキリすると思います。

そうではなく、単純に短期間で集中して外国語を学びたいような
場合でも最適なプランと言えます。


海外旅行の延長のような感覚で出かけることができる
短期語学留学は、普段は休みが取り難い環境にいる忙しい方でも、
例えば、ゴールデンウィークや夏休み、あるいは年末年始などの
まとまった休みを利用することで、自分のスタイルに合わせて
留学できるという手軽さがあります。
また、短期間の滞在となるので、通常の留学に比べ費用も
グッと安く済ますことが出来る、というところがメリットになります。


最近では、いきなり長期の留学がちょっと不安だという人や、
長期留学の下見を兼ねて短期語学留学を利用する人も多いそうです。
見知らぬ国を知るためのきっかけとなり、自分探しのチャンス
場として、短期語学留学は最適だと言えそうです。


『アルバート・アインシュタインの名言』

”All these primary impulses,not easily described
in words,are the springs of man's actions.”


言葉で表現するのは簡単ではないが、最初に湧き上がる衝動が
人間の行動の源である。


湧き上がる思いを押し込めていても、その情熱は意思に反して
湧き上がってくるものです。人生は一度切りなのです。
やらずに後悔するよりはやって後悔した方が、アナタの心に
とってよっぽど良い影響を与えます。

結果を出す事で次の扉が開かれるのですから。


語学留学成功のポイントは?

英語力を向上させる為には語学留学が最も良い、と「
思っている人は多いと思います。
国民のほとんどが日本語を話す日本に住むよりは
英語が日常語として使われている国に行けば
環境が英語を話す自分にしてくれる、と期待して
しまうのでしょうね。



学生やビジネスマンの多くが語学留学に行きたい、と
考えているのではないでしょうか?それだけ、英語が必要な
時代なのでしょう。
語学留学とは読んで字の如し、語学力を伸ばすために
海外にある語学学校へ留学することをいいます。


でも、実際には語学留学と言っても、そこでは語学だけでなく
様々な講座が用意されているので、学ぶのは語学の勉強のみ
ではありません。


語学留学に言ったからと言って誰もが語学を覚えられる
わけではありません。言葉と言うものは、使わなければ
次第に段々と忘れていってしまうものなのです。
使わなければ脳が必要ないと判断してしまうからです。
語学留学は、留学先の学校へ行きますが、その時、どんな
環境に身を置くことができるかが重要となります。


海外に行った時、自分がどんな環境にいるのか、
これで語学留学が成功するかどうかが決まると言っても
過言ではありません。


語学留学の留学先には2種類の語学学校に分かれます。
1つは、大学に付属している語学学校です。
大学進学希望者が通うところなのですが、一般的な
英語も学べるようになっています。
特徴としては通う生徒は大学に入ってから授業に
ついていくための英語力を身に付ける事を目的としているので、
授業レベルが高いです。
メリットとして大学生になるわけですから、当然、
大学の施設が利用でき、行われるイベントにも参加できるので、、
キャンパスライフを楽しむことができます。



もう1つは、私立の語学学校です。私立の場合は、
その学校その学校で特徴が様々に分かれます。
各学校に特色があり、例えば海に近い私立学校には
海好きな生徒が集まっていたりします。



自分に合った学校選ぶことができますので、英語以外に
自分が何がやりたいのかが最重要課題になります。
気になる英語のスキルですが、私立の場合には
本当の初心者コースから上級者コースまで多様なコースが
設けられています。
残念ながら初心者コースにはアジア系、特に日本人が
クラスの8割以上を占めている事も珍しくありませんので
そこらへんは情報収集が必要だと思います。


私立学校に語学留学へ行く最大のメリットは
通う期間や、入学時期を自分で選べるという点にあります。
毎週の○曜日に入学が許可される学校もあるくらいですから。


学校が自分に合っているか見極めるため、あるいは予算が
限られている人に私立はオススメです。
語学留学の期間は個々人によって本当に様々で、
1〜2週間の短期留学から半年、長ければ
1〜2年のコースも用意されています。
自分の目的や予算によって選ぶことが出来ますので、
まずは情報を集めることから始めてみましょう。

語学留学成功のポイントは、いかに自分の環境を
英語と触れ合えるかが重要だと言う事は覚えておきましょう。


【英語の名言】

”Much may be done in those little shreds and
patches of time which every day produces,and which
most men throw away.”

    〜Charles Caleb Colton〜 (英国の作家・牧師)


「毎日のコマ切れ時間にだって成し遂げる事が可能です。
多くの人はそのような時間を捨てているのです。」

毎日の通勤時間、ちょっとした時間でさえ、自分に役立つ
時間にする事ができます。
細切れ時間をいかに有効に使うことができるか、その
小さな差が、数ヵ月後・数年後に大きな差となるのでは
ないでしょうか。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。