TOEFL IBTっとスピーキング

英語落語と言うのをご存知でしょうか?
読んで字の如く「英語」で「落語」をする事です。

経営コンサルタントの神田昌典という人がいるんですが、
神田さんと文教大学准教授の大島希巳江さんの対談音声の中で
この「英語落語」についての話がありました。

当時26歳の大学院生だった大島希巳江さんが落語家を探して、
全く英語を話せない落語家を育て、一方で海外公演の為の
資金集めをする奮闘の様子が語られていました。

外国人から見ると今だ謎に包まれる日本人の感情、恥の文化、
なぜ本音を言わず建前を言うのか?そんな謎が
英語落語を聴くことによって理解できるそうです。


笑いと言う文化は万国共通らしく、人は仏頂面な人は叩けても
自分を笑わせてくれた人に敵意を持たないそうなんです。
外国人と英語でコミュニケーションを円滑に取るのなら
笑いを利用するのもいいかもしれませんね。




高校卒業後は英語圏の大学や大学院で勉強したい人は多いと
思います。そんな人にはビジネスマンがスキルアップの為に
受けるTOEICではなくTOEFLの受験が必要です。
TOEFLはTOEICと違い、試験の方式が時代に合ったものにする為、
比較的変わりやすい特徴があります。

現在の主流はTOEFL IBT(Internet-Based Testing)というものです。
初めて聞かれる人もいるのかな。
ざっくり言えばTOEFLのコンピュータ版です。

満点は120点と中途半端な点数です。ただでさえ難しいTOEFLの
試験ですが、もしあなたが世界最高峰のハーバード大学に
入学を希望するのなら110点以上のスコアが必要とされています。

普通の試験とさほど変わらないTOEICテストに比べ、TOEFL IBTは
試験の会場からして異なります。

TOEFL IBTの受験者は机ではなくパソコンの前に座り、マイク付きの
ヘッドホンを使用します。紙や鉛筆などは最低限用意されていますが、
私物を持ち込むことは一切出来ません。
TOEICとの違いがこれだけでも分かりますね。

TOEFL IBTはインターネットを介して目の前のパソコンに表示される
問題を解いていく形式になります。
リーディングやリスニングはマウスでクリックする選択式が採用
されています。
一般のTOEICにはないスピーキングはマイクに向かって話し、
機械がその音声を評価します。
日本人にとって最も苦手とされる”英語で話すこと”をはっきりと
試験にしているので、より実践的に自分の
英語力を試すことが出来るようになっています。

大学や大学院で学ぶんですから何をおいてもスピーキングが
重要な事は理解できますよね。教科書の内容が分かっても
肝心な教授とコミュニケーションが取れないようでは、学校に
馴染む事も出来ませんから。


余談ですが2007年には日本の主要都市で、TOEFL IBTと同様の
形式をとったTOEICのスピーキングテストが実施されました。
今後ますます、スピーキングはTOEICの中でも重要な科目と
なっていくことが予想されます。


『ゲーリー・ライアン・ブレアーの名言』

”Do more than is required .What is the distance between
someone who achieves their goals consistently and
those who spend their lives and careers merely following?
The extra mile.”


マニュアル人間にはなるな、20世紀のような言われた事だけを
こなしているだけの人間は今の時代には必要ありません。
最近、問題になっている派遣切りがそれを象徴していませんか?
企業にとって本当に必要な人材は、どんな不況になろうとも
解雇することはありません。

厳しい言い方になりますが、派遣として働いていた人は
仕事をしながら自己スキルを磨く必要があった。そうすれば
派遣切りにあっても次の仕事が見つかったのではないか?と
私は思うんです。

もう一つ必要なのは時代の流れを掴んでおく、という事です。
市場は常に正しい解答を出す、という言葉があります。
市場が求められているものが何かをキャッチしておく
必要があります。

タグ:TOEFL TOEFL iBT

TOEFLはTOEICとは似て非なるもの

英会話を身に付けるなら子供のうちからじゃない難しいよね、
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

確かに、子供の方が学習した事をどんどん吸収していきますから、
あながち間違いではありません。
が、子供だって言語を習得するのにえらい苦労をしているんですよ。


英語の環境に子供を触れさせておけば、自然と英会話を覚えて
いくと思われるかもしれませんが、それは間違いです。
私達が母国語である日本語を身に付けるのに、どれだけの
時間と学習をしたでしょうか。

小学校の中学年くらいとすると10年です。産まれた時はもちろん
言葉を話せません。それから一生懸命に母親(父親)に思いを
伝えようと試行錯誤を始めるわけです。
思い通りに伝えられないから大泣きするのです。

それだけ、母国語をマスターするのに時間がかかるのに、
今、流行の聞くだけで英語がマスターできるわけないですよね。
英会話を身につけたいなら、もっと長期的な視点で考えるに
しましょう。


さて、今回はTOEFLについてお話したいと思います。

TOEFL(トーフル、トフル、トッフル)とは、
「Test Of English as a Foreign Language」の略です。
第二言語としての英語のテスト、という意味で、英語以外を母国語
にしている人が英語圏の大学で勉強や研究を行うためにふさわしい
英語力を持っているかを測るものがTOEFLです。

日本での窓口はCIEEになります。大学での勉強や研究では多くの
専門用語が使われていますよね、日本語でさえも専門外の事は何を
言っているかわからないものです。


それを英語で認識できる力があるかどうかを試すのがTOEFLのテストです。
ココまで聞くとTOEICとは似て非なるものだという事がわかるのでは
ないでしょか。
TOEFLではTOEICでは必要のなかった単語や言い回しなどが出題
されます。


TOEICでいかに高スコアを取っていようと、TOEFLでもそのままの
実力が通用するとは限らないわけです。
TOEICのためにかなり勉強した人でも、TOEFLに向けて新たに
勉強をする必要があります。それほどTOEFLのテストは
専門性が高いわけです。
TOEICとは違い、スコアのはっきりとした有効期限が設けられている
のもTOEFLの特徴になります。
有効期限は2年と短いので、TOEFLが必要になるたびに
受けなおさなくてはならないこともあります。


TOEICと同じように考えていると、痛い目をみることになるかも
しれません。TOEFLはTOEICよりずっと歴史は古いのですが、
常に時代の流れに即して試験方式を変えてきています。
TOEFLを受ける前には、最新の情報を確認しておきましょう。
 

『デイビッド・ブリンクリーの名言』

”A successful man is one who can lay a firm foundation
with the bricks others have thrown at him.”


成功する人は他人に投げつけられたレンガを用いて
強固な土台を築くことの出来る人だ。

逆境をバネをするパワーが必要なんですよね。生きていれば
いろんな事があるわけだし、どんな人だって順風満帆な人生を
死ぬまで歩めるわけではありません。


時には言われもない誹謗中傷を受ける事だってある。
でも、それさえも生きるエネルギーにして自分自身をしっかり持ち
続ける事が大切ではないでしょか。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。